【石川県】 織田 侑里

oda_yuri

織田 侑里 (おだ ゆり)

所有資格: ベビートイ・マイスター、
キッズトイ・マイスター、
開催地域: 石川県金沢市・野々市市/富山県砺波市
講師連絡先 liebe.wurzel@gmail.com
ブログURL http://ameblo.jp/shima-shimatan26/
●自己紹介

ベビートイ・マイスター 織田侑里です。石川県金沢市在住で主人と3歳の娘がいます。
何をするにも遊ぶことが1番大好きな娘と絵本を見たり、ままごとをして日々を過ごしています。
最近我が家に来た積木と人形はお気に入りのひとつとなり、引っ張るおもちゃは初のペットとなり、押すおもちゃは、ままごとには欠かせない掃除道具となりました。
小さすぎず、大きすぎず丁度よいおもちゃの登場に家族で遊びを楽しんでいます!

●メッセージ

子育てで不安の中を過ごしている方へ
子どもはお母さんとの関係が先に育ちます。基本的信頼・愛着形成・共感性が育つ時期はこのベビーの時期です。
そこで関わりの手助けとしておもちゃの出番です。
実はおもちゃは楽しむだけではなく、発達・感性・知性も育んでくれているのです。
このようなメソッドを学ぶことで自信をもって楽しく子育てをしたくなりますよ。
幸せな子育てにふれてみませんか。

●こんな講座・体験会を開催しています

お母さんだけが対象ではなく、子育てに関わる保育園・幼稚園の先生、お母さんを支えるお父さんが様々な角度から子育てを応援してほしい!と願っています。
よいおもちゃや絵本の関わりは子どもだけではなく大人にも楽しみを与えてくれます。
おもちゃは人と人とを繋ぐ仲立ちにもなり子どもの成長をを促してくれるものでもあります。育児で迷い、お母さん自身の母子関係で悩む方を幸せにし子育てが楽しくなる講座を開催します。

●講師になったきかっけは?

12年間勤務した保育園を退職し、育児に専念するなかで娘のお友達が増えました。
しかし、話題にあがるのは、アニメ番組のゲームやそれに伴う躾の話ばかり。
「おもちゃはどれも同じ」という言葉に そうだろうか?疑問に思いながらも、我が家もTVをよく見せていました。
そんな時にこの知育玩具インストラクターの資格に出会い、子どもの発達に沿ったおもちゃや絵本の役割をもう一度詳しく学びたいと思い受講することになりました。

●講師になってよかったこと、成長したこと

一回一回の受講を通して、丁度よいおもちゃで育児にまず実践しました。
ついつい、大人の判断で子どものやりたいことを止めていたことに気づきました。
それは体験の機会を奪っていたことです。
日々の遊びの中で創造力豊かに意欲的に遊ぶことが、より、生活を楽しくしている・選んで遊びながら集中している体験を重ねていく機会をあそびに当てました。
すると生き生きと楽しそうにし、自己決定であそぶようになりました。
学んだメソッドを育児に取り入れることができたのがよかったです!

今後の目標

「おもちゃはどれも同じではない」ことを北陸の子育てに浸透させていきたいです。
また、ベビートイ・マイスターとして専門的なアドバイスだけではなく、子どもが生き生きと過ごせる環境づくりとして、新米の保育士や現役の子育て応援者の育成を目指したいです。
さらなる、ステップアップとしてキッズ・知育玩具のマイスターを目指します。

関連記事