【愛知県】 内山 紗江加

uchiyama_saeka1

 

内山 紗江加(うちやま さえか)

所有資格: キッズトイ・マイスター、
開催地域: 高浜市、西尾市、碧南市などの三河地域、長野県。
講師連絡先 hidarihijinoari@yahoo.co.jp

 

●自己紹介

西尾市出身、高浜市在住。一児の母として、子育て中です。

10年以上保育士として、0歳から年長児までの保育に携わってきました。

家庭では、協会の教材で息子と一緒に遊ぶことで、日々色々な発見や面白さを感じています。


●メッセージ

保育士として働いている間、様々な発達や成長を遂げている子ども達に出会ってきました。それと同時に、発達につまずきのある子ども達にも接してきました。また同じようにして、子育てに不安や疑問を感じているお母さん達の声もたくさん聞いてきました。

そんな中、良いおもちゃの選び方や与え方を学び、子ども達を幸せにできる方法を知ることができました。

子育てに悩めるお母さんや、日々の保育に疑問を抱いている保育士さんに、良いおもちゃを通して、子どもと向き合うことの楽しさや面白さを伝えていきたいです。


●こんな講座・体験会を開催しています

子育てに不安を感じているお母さん方を対象に、幼児教室や体験会を開講したいです。また、保育士さんなど教育に携わる方に対しても、2級養成講座も開催したいと考えています。

 


●講師になったきかっけは?

保育士をしていながらも、いざ自分の子と向き合った時に、何が正解か?これで良いのか?もっと良い子育ての方法があるのではないか?と疑問に感じ、自信のない子育てを送っていました。

そこで、すがるような思いで出会ったのがベビートイ2級養成講座でした。

そこでは、子どもとお母さんの関係性や、良いおもちゃとは何か、絵本の正しい読み方とはどのようなものなのかを学びました。
それからは、子どもと触れ合う楽しさや面白さを感じて、子ども自身もおもちゃでよく遊ぶようになり、落ち着いた様子でした。私もまた自信をもって子育てをすることができるようになりました。

このような素晴らしいおもちゃに出会い、一人でも多くの子ども達に、もっと幸せな日々を送ってほしいと思い、講師になることを決断しました。

 


●講師になってよかったこと、成長したこと

保育士として働いていた時には気付かなかった、おもちゃの存在意義みたいなものを感じました。

子どもの発達段階にあったおもちゃはどのようなものがあり、どのタイミングで与えたら良いのかがわかるようになりました。

 


●今後の目標

幼児教室を開講して、たくさんのお母さん、子ども達に幸せな子育て生活を送ってもらいたいです。

関連記事