知育玩具コース
1612edu_main

 

言葉が増え、お友達とも遊ぶようになり、子ども自身で色んなことが出来るようになりはじめるこの時期。出来るかと思いきや、駄々をこねたり、お友達と喧嘩をしたり仲良く出来なかったり。
実は、この時期のこの悩みは大人の接し方、おもちゃ・絵本の与え方選び方で簡単に解決するんです。

知育玩具インストラクター養成講座では、4歳児~の発達段階と、それにピッタリとあてはまるおもちゃ、ドイツゲームの具体的な遊び方、導入方法を学びます。

わが子、わがクラスへの実践への学びから、講師としての活動出来る学びまで、あなたの必要とする資格、講座をお選び頂けます。

 

こんな方にオススメです!

  • 良質なおもちゃを与えたいけど何を選んでいいか分からない…
  • おもちゃを買ったのに遊んでくれない
  • 子どもとの接し方、遊び方で悩んでいる
  • クラスのおもちゃの構成で悩んでいる
  • ドイツゲームの遊び方、導入について学びたい
  • 専門家の元で子どもの発達とおもちゃについて学びを深めたい
  • 資格を取得し、講師として活動をしたい
  • 医療現場で子どものケアに役立てたい

 

1612edu

 

edu1_2

edu1_1

edu1_3

edu1_4

 

 


 

 

 

 

 

1612edu_2
1日講座(6時間)
受講費:24,000 円(税込)
※テキスト代含む

わが子・わがクラスの子どもにぴったりのおもちゃとは何か、それをどう与えたらよいのか?を習得する講座です。 認定講座を受講し、認定試験に合格することで知育玩具インストラクター2級資格を取得でき、知育玩具インストラクター1級認定講座の受講資格が与えられます。

例えば…人気のカードゲーム、ハリガリ(アミーゴ社/ドイツ)などのアナログゲームは、自分の知的能力・身体能力・人の心を読む力・見通しを立てる力、忍耐力を総動員して勝つことの面白さを知ります。これが、「やる気」の源になります。
ルールを守る楽しさを知り、友達、大人と顔と顔を合わせて感情を出してぶつかり合い、ありのままの自分と向き合い社会的人格が成熟していくのです。

遊び(=おもちゃ)は、
子どもの育ちに欠かせないもの。

ですから、
子どもの発達や個性に合わせた知育玩具を
適切に与えることで
子育ての悩みが解決するのです。

 

知育玩具インストラクター・2級講座を受講すると

◆ 母親として…

  • お子さんが本当に望むもの・気持ちが見えるようになる
  • お子さんの「自己肯定感」「自信」を育てることが出来る
  • お子さんのコミュニケーション能力の育て方が学べる
  • おもちゃ絵本選びに自信が持て、子育ての自信につながる
  • 無駄なおもちゃを買う必要がなくなる
  • 同じ年齢の子ども、同じ悩みを持つ親と知り合える
  • 優しいお母さんになれる

◆ 保育現場では…

  • 子どもが落ち着き、仲良く遊べるようになる
  • 子どもからも親からも信頼されるようになる
  • 利用する子どもにぴったりのおもちゃと絵本を提供できる
  • 限られた園の予算を上手に使いおもちゃを選べるようになる
  • 専門家としての信頼を得る
  • 同じ感性を持つ保育士、保育士以外の人たちと出会える
  • ゆとりをもって、温かくこどもを見守る保育士になれる

〇受講生の声

◇とても楽しかったです。子どもの目線に立って遊んでいたつもりでしたが、もっと達成感を与えてあげるということを学び、子どもの目線で遊んでいけるよう、やっていきたいなと思います。
Y.Nさま

◇ベビーから入って、余裕がやっと出てきて、楽しんでシェアし、他の人の意見を聞けてよかったです。 S.Wさま

◇とても興味深く、あっという間に時間が過ぎてしまいました。皆さんの意見が聞け、嬉しかったです。J.Oさま

知育玩具インストラクター2級養成講座 概要

受講資格
学歴・年齢・性別に制限はありません。

受講料

24,000円(テキスト、認定料含む、税込)
※サブテキストをお持ちの方は、受講料よりサブテキスト代2,376円(税込)を差し引いた金額でご請求させていただきます。
サブテキスト:子育てを感動にするおもちゃと絵本 ゆいぽおと発行
子どもの心が見える本 子育て協会

講座回数

全1回

受講時間

約6時間(途中休憩あり)

定員

4~16名程度(開催ごとに異なります)
各講座で設定する最低開催人数に満たない場合は開催を中止することもございます。あらかじめご了承くださいませ。

カリキュラム

(1)インストラクターの役割
(2)4・5歳の発達課題
(3)絵本 豊かな物語体験をもたらす導き方
(4)ドイツゲームで学童期に備える
(5)お世話遊び・役割遊び そして人形との関係
(6)構成遊び・積木遊び・ブロック・手仕事
(7)テレビ、インターネット、デジタルゲームとの付き合い方
(8)認定試験

1612edu-s